IT業界の現場で使われている開発手法、ウォーターフォールとアジャイルについて

IT業界では、計画的なスケジュールに沿って開発が行われることから、様々なプロジェクト管理手法が利用されています。

今回はその中から代表的な2つのプロジェクト管理手法であるウォーターフォール開発とアジャイル開発について見ていきたいと思います。

まずは、ウォーターフォール開発について見ていきます。

 

ウォーターフォール開発

ウォーターフォールは、古くから最もよく利用されてきたと言えるプロジェクトの管理手法です。プロジェクトの完了日を決め、開発期間が例え長期に渡ったとしてもやりたいこと(要件)を最初に全部洗い出して、綿密なスケジュールを立てて進めていく手法です。

IT業界だと、大規模な開発やソフトウェアの開発でよく利用されています。

この手法は製造業や宇宙産業などでも使われています。

 

アジャイル開発

アジャイルは近年、IT業界で盛んに取り上げられることの多くなった開発手法です。短い期間で小さな機能を積み上げていくため、非常に小回りの効く開発手法となっています。ウォータフォールが時間軸で直線的に進むのに対して、スパイラル状に進めていくイメージとなります。

IT業界だと、Web開発やモバイル開発などで多く利用されています。

 

自分のプロジェクトに合わせた開発手法を選ぶ

上の2つの手法は互いに一長一短あります。そのためどちらが一概にいいとは言えませんが、自分が進めていくプロジェクトとの相性はあります。

もし、プロジェクトの時期やゴール、あなたのやりたいことが詳しく見えていてそれが最初の段階で洗い出せるのであれば、各時期に何をするかを最初に全部決めていくウォータフォールで進めていくといいでしょう。

逆に始める時点でまだゴールが見えていない場合や、何か新しいことを進めていきたい場合は、アジャイルをおすすめします。スケジュールの修正もしやすく、リスクを最小化し、またスピード感を体感しながら柔軟にプロジェクトを進めていくことができるためです。

これらは組み合わせて利用されることもあります。自分のプロジェクトの状況を見ながら取り入れていくといいでしょう。
検索すると色々と情報が出てきますので参考にしてみてください。

 

Cyclefor編集部

Cyclefor編集部では「社会に、いい循環を」をキーワードに、読者が何かアクションを起こしたくなる記事を提供しています。